Home USGTFの紹介 資格の種類 講習と試験 日  程 申 込 書 レッスン情報
ゴルフ用品情報 米国最新情報 会社概要 求人情報 お知らせ Q & A Link




1.USGTFのレベルⅢテストに合格できなかった場合はどうなるのですか
 ゴルフ規則テスト、指導法テストに合格して、ラウンドテストに合格できなかった場合はレベルⅡの会員として登録されます。下記の該当者は申請することにより、以下の救済措置を受けることができます。

① 合格基準合計スコアの4ストロークオーバー以内であれば、12ヶ月以内に合格基準スコアを満たすスコアカードを4枚(本人とほか3名の同伴競技者のスコア及び1名によるアテストを必要とする)を提出することにより、レベルⅢに昇格することができます。たとえば49歳以下の男性であれば、83ストローク以内でプレーしたスコアカードが4枚必要です。合格者の認定の日付は最初に受けた認定試験の日付となります。この再申請のための費用は35,000円です(年会費は含まれません)。

② 合格基準合計スコアの5ストロークから14ストロークオーバーまでの場合は、12ヶ月以内に、正規の認定試験で2日間のラウンドテストを受けて(但し、挑戦は2回まで。別途費用にて練習ラウンドに参加することも可能)、合格基準スコアを満たすことによりレベルⅢに昇格することができます。但し、この再テストで合計スコアが基準スコアの4オーバー以内であっても、前項の救済措置を受けることはできません。合格者の認定の日付は最初に受けた認定試験の日付となります。受験費用はテストのプレー費を含めて51,000円です(年会費は含まれません)。

③ 15ストローク以上オーバーの方はレベルⅡメンバーとしての登録となり、上記の救済措置は適用されません。希望者はレベルⅢへのアップグレードを目指していただくことになります。


2.USGTFのレベルⅡテストを受験する場合の申し込み方法を教えてください
 レベルⅡの講習と試験は通常、レベルⅢ試験と同時期に実施します。初中級者にレッスンを行うために必要とされる技術、知識について講習を行います。ゴルフの基本知識、教え方、スイングについてのテストが行われます。ラウンドテストはありません。レベルⅡの申込用紙を使って申し込んでいただくと、実施要綱をお送りします。

3. アマチュア資格はどうなりますか

 テストに合格してUSGTFティーチングプロの認定を受けるとJGA規則によりアマチュア資格を失います。アマチュア資格を維持したい方はアマチュア部門の会員を目指すことをお勧めします。資格変更手数料は25,000円となります。取得後、プロ⇔アマチュア資格の変更申請は1回のみ可能です。USGTFの紹介のページ参照。

4.USGTFの資格は世界中で通用しますか
 USGTFの認定会員(Certified Member)は世界中で通用します。世界42ヶ国で資格を取得したメンバーは自国や外国でゴルフプロ指導者として活躍しています。現在、アメリカ、カナダその他の国から来日して活動しているメンバー、逆にオーストラリア、アメリカ、ヨーロッパ、アジアでレッスンを展開している日本人メンバーがいます。
5.USGTFJAPANは就職の世話をしてくれますか
 基本的に就職先の斡旋は行っていません。しかし、会員や他の団体からUSGTFJAPANに対してインストラクター、レッスンプロを紹介してほしいとの要請を受けています。それらの情報を逐次、トップページ(HOME)の「求人情報」に掲載しています。本部事務局は法律上の規制によって、職業の紹介・仲介などの業務を行えません。直接交渉していただきます。

6. USGTFJAPANではどのような活動を実施しているのですか
 会員の指導技術の向上、ゴルフ関連知識と技術の習得を目的とした研修会を随時、開催します。オンプレーンスイング、最新のスイング指導理論、コーチングなど、アメリカ、オーストラリアの団体との提携関係を結んでいるUSGTFJAPANならではのテーマを取り上げていきます。
 また、米国で発行されている機関誌”Golf Teaching Pro®”から記事を抜粋して翻訳印刷した資料を会員に配布しています。ほかに、レッスンの質的向上を図るためにスイングやドリルの研究、ゴルフ関連用品や練習器具の特別販売または特別価格を提供する業者への紹介などによって会員を支援しています。
7. USGTFの会員はゴルフ場のプレー費が安くなりますか
 会員各自でゴルフ場側と交渉していただきます。ご承知のようにゴルフ場はプロが生徒を連れてきてくれるという前提のもとでプロ料金を適用します。個人的なラウンドのためにこの特権を濫用することのないようお願いします。なお、事務局からの紹介は行っていません。
8. アメリカで受験することは可能ですか
 可能です。全米各地で年間40回以上開催されています。当然のことですが、講義、テストはすべて英語であり、アメリカ人に話すスピードと語彙を使って実施されています。英語に堪能であれば特に問題はありません。日本から参加する場合、現地での練習ラウンド、講義やテスト時の通訳、その他の支援を必要とする方は、パーム・スプリングス・ゴルフアカデミー(USGTFJAPANと提携)がサービスを提供していますので同サイトを訪れてください。
9.年会費を未納のまま放置するとどうなりますか
 年会費は日本の本部に送金(または自動振替)していただきます。毎年9月から10月の間に会員の皆様に案内を差し上げます。支払い期日(年度末12月31日)が過ぎると、会員資格の期限が切れるため、新年度から会員として認められません。
 会員資格喪失後であっても、翌年度の1月末日までに支払いを完了すれば、復権できます。2月1日以降12月31日までは遅延料金1万円が加算されますが、この支払いにより復権できます。当該年度を過ぎると(年会費を支払わないまま翌年度が過ぎると)、米国および日本の本部のデータベースから抹消されます。つまり、USGTF会員資格を完全に失い、退会扱いとなりますのでご注意ください。
 但し、ゴルフ規則(規則9 アマチュア復帰)で定められているように、USGTFティーチングプロ資格の失効またはUSGTFからの退会によって、直ちにアマチュアに復帰できるものではありません。詳細はJGAに問い合わせてください。






Home USGTFの紹介 資格の種類 講習と試験 日  程 申 込 書 レッスン情報
ゴルフ用品情報 米国最新情報 会社概要 求人情報 お知らせ Q & A Link